[PR] 玄関

右だよ

「きょんちゃん今何してるの?」と、姪から電話がありました。

はるちゃんにおっぱいあげてたよ。と言うと。

どっちのおっぱいあげてたの?なんて聞いてくるから。

可愛すぎて思わず笑ってしまったよ。

そんな可愛い姪も、今年の11月に「お姉ちゃん」になることに。

現在義妹のお腹の中には、三ヶ月になる赤ちゃんがいると、今日嬉しい報告がありました。

姪は、「ポコちゃん」と呼んでるらしいです。(笑)

二年前に義妹はお腹の中で赤ちゃんを亡くしているので、その悲しみを乗り越え、また授かることのできた命。

無事にポコちゃんがお腹の中で育ち、無事に元気に生まれてきてくれますように。

今はただただ願うばかりです。

私はいつでもここにいるよ

ソフトバンクでデジタルフォトフレームを貰いました。

実家の両親にプレゼントしようと思って。

月額料金はかかるけど、キャンペーン中で本体が無料だったから。(笑)

この中に、孫の写真をいっぱい入れて、楽しんでもらえればいいかなと思って。

両親に渡す前に、何枚かはるちゃんの写真を入れてみたけど。

その中に一枚だけ、自分の写真もこっそり入れてみたよ。

私

ランダムに写真が表示されていく中、気付いてくれるかな。この写真に。

一生懸命頑張ってるのに

この間、「はるちゃんは絶対人見知りする子になる」とお義母さんに言われてしまいました。

お義母さんがはるちゃんに話しかけた時、たまたまはるちゃんが泣きそうな顔をしたから。

その、一度だけで。

もしはるちゃんが本当に人見知りする子になってしまったら、きっと私のせいにされるのかな。

今月初めに私が実家から戻ってきてからは、お義母さんに週に2回ほど、はるちゃんの沐浴のお手伝いに来て頂いてる。

彼の帰りが遅いので、大変だからと。

とっても助かってるし、ありがたいことだとは思ってるんだけど。

でもね、時々お義母さんは、義弟夫婦の赤ちゃんとはるちゃんを比べるの。

義弟夫婦の赤ちゃんは、はるちゃんと同じ、先月3月に生まれた、同級生。

孫のことには口出ししたくないと言うお義母さんだけど、時々、義妹のしつけはこういうところがダメだと、私に話す。

きっと私のことも、義妹に話してるんだと思うけど。

嫁同士が比べられて色々言われてしまう事は仕方のないことだと思ってるし、自分の事を悪く言われるのも、「嫁」である以上仕方のない事だと思ってる。

その時はかなり凹むけどね。

けど、できれば義妹のことを悪く言う話は聞きたくないんだ。

自分のことを言われるよりも悲しい気持ちになるし、まして赤ちゃんのことは特に。

顔のことを比べられた時は、さすがに何も言えなかったよ。

たまには恋人気分でお茶デート

昨日日曜日は、少しの間母にはるちゃんをお願いして、その間私を迎えに実家まで来てくれた彼と二人で名古屋駅へ。

久しぶりに二人でお茶デートしてきました。

DEAN  DELUCAで彼とお茶デート    なかよし

DEAN & DELUCAで、カフェラテ飲んだよ。

お誕生日おめでとん*

23日は、私の母、かよこさんの60回目の誕生日でした。

60回目のお誕生日おめでとうお母さん おたんじょうびおめでとん

お誕生日おめでとう。お母さん。

これからも、無理だけはしないでね。

こむすびはるちゃん

一昨日土曜日は、彼が朝から友達と麻雀へ出かけたので、私は実家へ。

彼の帰りも遅くなるみたいだったので、はるちゃんと二人でお泊まりしてきました。

この日は弟夫婦と姪も遊びに来てくれて、はるちゃんのことが大好きな姪は、この日もまた、はるちゃんといっぱい遊んでくれてたよ。

ただ、姪が元気すぎるので、はるちゃん何度もビックリしてたけど。(笑)

母と義妹と姪にお風呂に入れてもらってるはるちゃん043

この日も、母と義妹と姪にお風呂に入れてもらったはるちゃん。

母と義妹と姪にお風呂に入れてもらってるはるちゃん053   べいびーあひる

  ひつじちゃん    母と義妹と姪にお風呂に入れてもらってるはるちゃん055

背中を洗うためにうつ伏せにされた時のはるちゃん、結構好き。(笑)

彼女の眠りを邪魔するもの

おっぱい飲んで気持ちよく私の腕の中で眠るはるちゃん。

腕の中で眠るはるちゃん

このまま寝かせてあげたいのに。

今日も近所を回ってる選挙カーのせいで、何度も起こされてしまった。

そのたびに、はるちゃん大泣き。

いつまでもこんなふうに

チャーミーグリーンのCM思い出したよ

チャーミーグリーンのCMを、思い出したよ。

また来年

いつの間にか葉桜になっちゃった

桜祭りも終わり、また再びいつもの静けさを取り戻した近所の川沿いの桜並木。

いつの間にか、葉桜になってたよ。


いつの間にか葉桜に082

いつの間にか葉桜に090

今年はちゃんと見ることが出来なかったから。

いつの間にか葉桜に049

また来年、楽しみに待ってるね。

おそろいるんばっく

明日誕生日を迎える友達へのプレゼントに。

彼女が大好きなカレルチャペックのエコバックをプレゼント。

お友達とお揃いのエコバック

お揃いで持っていたくて、自分用にも買っちゃった。
                                 すきなきもち

動くお人形さん

先日、母と義妹と姪がうちに遊びに来てくれました。

私が入院中の時も、退院後しばらく実家で過ごしていた間も、たくさんはるちゃんに会いに来てくれていた姪。

はるちゃんのお世話をしたくてたまらない姪は、この日も、オムツ替えや沐浴のお手伝いをしてくれました。

大好きなはるちゃんは、姪にとっては、「動くお人形」みたいなものかな。(笑)

お人形さんみたいだねはるちゃん。笑

これからも、はるちゃんのこと大好きでいてね。

まつげも伸びてきたよ

ちょっと頭がトンガリコーンだった、生後一日目の生まれたてホヤホヤはるちゃん。

生まれたてほやほやはるちゃん1 生まれたてほやほやはるちゃん2

この時のぷっくり宇宙人のような顔が、既に懐かしい。(笑)

           とれいん


そして生まれてから1ヵ月が経った、現在のはるちゃん。

生後1ヵ月悦はるちゃん2 生後1ヵ月はるちゃん3

かなり変わったよ。顔がいつの間にか宇宙人じゃなくなった。(笑)

男の子みたいだけど。

早く髪が伸びますように。フサフサになりますように。(笑)
                          
                                      
                                      ぴよぴよとぶ

陣痛から出産まで

内診で子宮口を先生に無理やり3センチ開かれ、病院から帰ってきてからは、生理痛のような鈍い痛みがずっと続いていた、3月4日の金曜日。

この日の夜から一定間隔でお腹がどんどん痛み始め、夜中じゅうその痛みが続く。

そして5日土曜日の朝、その痛みが5分間隔になったので病院へ。

けれど内診を受けるも、まだまだ陣痛に強弱があるからと一旦帰される。

そしてこの日の日中、お腹の痛みはあるけれど、何だかだんだん治まってきてるかのように、痛みは弱いものに。間隔も、バラバラ。

あとで思えば、この時の痛みは本陣痛ではなく、前駆陣痛だったのかも。

前駆陣痛だったとしてもかなり痛かったけど、本陣痛とは全然比べものにならないから。

そして再び、この日の夜からまた一定間隔で痛みが始まる。

そして夜中の3時頃だったかな、また再び病院へ。

それでもまた、陣痛に強弱があるからと帰される。

そして6日日曜日のお昼にとうとう破水。

三度目の正直でまた再び病院へ。さすがに破水したのでそのまま入院に。

そしてここから少しずつ陣痛の間隔が短くなり、お腹の痛みもどんどん増していく。

一時間に一センチずつ子宮口が開いていったのかな。

本当ならこのまま自然に陣痛の間隔が短くなっていくのを待つはずだったんだけど、この日の私に少し熱があったためか出産を早めるために、5センチまで開きかけていた子宮口を、ほぼ全開の10センチ近くまで、先生にまたも無理やりグイグイ開かれた。

前回内診の時に子宮口を3センチ開かれた時もかなりの痛さだったけど、今回は陣痛の痛みとグイグイの痛みが重なって、痛みも半端じゃない。もう、激痛。

前回の内診ではなんとか我慢できたけど、今回はもうダメ。

痛すぎて、廊下中響き渡るくらいの叫び声をあげてしまったよ。(笑)

もうそれからぐったり。

彼の呼びかけや励ましにも全く応えることができなくなってしまって、それからの私は、「痛い」しか言えなくなってた。

言うというより、叫んでた、と言ったほうが正しいかな。しかもかなりの声で。(笑)

そしてようやく出産の準備が整った時、モニターではるちゃんの向きが進行方向と逆を向いていることが判明。

そのまま逆向きでの出産となると、はるちゃんに負担がかかり危険ということで、産道を通って来るはるちゃんの向きを、先生が手でクルクル回しながらの出産に。

陣痛がきて私がいきむタイミングに合わせて、先生がはるちゃんの向きをクルっと変える。

これがまたかなりの激痛。その繰り返しが30分くらい続いたかな。

これはほんと、かなり辛かった。

しかも何故か私の羊水が濁ってしまっていて、もしはるちゃんが生まれてきてくれた時に産声をあげてくれなければ、別の病院での対応になると言われるし。

頭にたんこぶ出来てるって言われるし。

先生や助産師さん、看護師さん、そして彼が「頑張って」と声をかけてくれる中、とにかく痛みと不安に堪えて、必死で必死でいきんでいきんでいきんだよ。

そして無事、はるちゃんが元気な産声をあげて生まれてきてくれた時は、ただただホッとして、「はるちゃん、はるちゃん」としか言えてなかったような気がする。(笑)

こんなふうに赤ちゃんの向きが進行方向と逆を向いていることは稀にあるらしいけど、お腹の中にいる間、二回も逆子になったりと、どこまで逆向きが好きな子なのか、はるちゃんは。(笑)

まるで、ひまわり畑で、一人だけ太陽と反対の方向を向いて咲いてるひまわりみたいだよ。

先生にクルクル回転させられながら、たんこぶ作りながら、しかも濁った羊水の中にいたにもかかわらず、元気に生まれてきてくれたはるちゃん。

看護師さんには、たくましい子だねと言われてました。

はるちゃんが無事に生まれてきてくれてからは、その後に続いて胎盤が取り出され、はるちゃんの出口を広げるために、切られたのと裂けてしまっていた部分を縫われ。

無事、終了。

はるちゃんが逆を向いていなければ、もう少し楽だったと思われる、初めての出産。

よく頑張ったと思うもん。はるちゃんも私も。(笑)

でももう、二度とこんな痛みは味わいたくないな。

・・って、きっと誰もがこの時は思うんだよね。(笑)

そして出産から一ヶ月。

悪露も止まり、縫われていた傷口も完治。ようやく私の体も元通りに。

ただ、体重はある程度減ってきたけれど、お腹のぷよぷよはいまだ少し残ったまま。

何とかしなければ。(笑)

生まれました。

出産前コメントを下さっていた皆様、ありがとうございました。

先月3月6日、午後7時06分、無事3322グラムの女の子の赤ちゃんを出産しました。

お返事が出来てなくてごめんなさいね。

はるちゃん生まれたよ

「はるちゃん」です。

出産の痛みはいまだに忘れられませんが(笑)、彼女が生まれて、今日で早一ヶ月。

小さなはるちゃんのお世話は毎日本当に大変で、一日があっという間に過ぎていきます。

入院中、はるちゃんは黄疸の数値が高めと言われ、二度もレーザー治療を受け。

退院後は、「乳児湿疹」が出来てしまい、生後三週間で小児科のお世話になり。

現在、顔にたくさんのブツブツが出来てるはるちゃん。

昨日は、一ヶ月検診でした。

体重は順調に増え、昨日で3992グラムに、身長は3センチ伸びていて、53センチに。

最近は、手足をよくバタバタさせたり、顔を動かして物や私たちの顔を目で追うようになり。

昨日は小児科の先生による診察中、ずっと笑っていたはるちゃん。

「今日の赤ちゃんたちの中で、一番のスマイルベビーだね」と、看護師さんに言われてました。

その笑顔を、ずっと大事に守っていきたい。

はる20110401

生誕一ヶ月、おめでとん。

笑顔を絶やさない、優しい女の子になってね。

「女は愛嬌」よ。はるちゃん。(笑)